苦しまないためにはいい子をやめる☆

子どもたちをみてると

学ぶことがたくさんあるなあと感じます

 

自由で、無邪気で、素朴で。

そんな子どもたちを見て感じることがありました。

 

「私も自由に過ごせたら、もっと楽だった?」

 

私は、

幼い頃に父を亡くし、

9歳の頃、親の再婚で今の土地に引っ越して来ました。

 

 

父を亡くしてからは、

親戚の家を行ったり来たり…

 

「いい子に育ったね」

「お父さんを亡くして可哀想に」

「いい子にしてなさい」

 

そんな言葉を行く先行く先で

言われてきました。

 

そこから、

「いい子でいること」

というのが私の頭の中に刷り込まれていったんです

 

「いい子」って何~?

 

今でこそそう思うけれど、

幼い私は、

大人に気に入られるようとすることで精一杯!

変に大人びた、周りの同級生を下に見るような、

そんな子供時代を過ごしてきました。

そこから、

メンターに出逢うまで、約25年間、

自分の軸を持たないまま、

無意識的に、他者に認められることを第1目標にかかげ、

苦しい時期を過ごしてきました。

 

どうやったら苦しまなくていいのか?

 

それは、

自分の心に素直に従うってこと!

「こうしたらこうなるかも…」

の不安を手放して、

「こうするべきかな」

なんて考えを手放して。

 

「これ!」と思ったらする☆

「違う!」と思ったらしない☆

 

シンプルなことなんだけど、

出来なかった以前の私。

 

これからはもっともっと、

自由で、イメージしたとおりに、

楽しい人生を作っていける!

そう思ったら身体の中から

ワクワクが湧いてくる感覚がします。

 

周りの目を気にして、

その結果、自分が苦しくなるような選択は横に置いて、

 

自分が楽で、気持ちのいい選択を

どんな小さなことでもやってみる(ㅅ´ ˘ `)

そうすると、

自分が少しずつ楽になることに気づけるはず。

自分を大切に…♡

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP